夕暮れのカフェ


子供たちを実家に預け

先にウチへ戻る。


棚の上で薄っすら埃を被ったガーミンにケーブルを差込んで充電を始めるけど、

走り出すまで後10分もない。


突然の思い付き。この空いた2時間だけでも久しぶりに走りたいと思ったのだ。


時計の針は15時半を回る。


タイヤに空気を入れ、久しぶりにジャージに身を包むと、

鏡に映る自分のダラシない腹に思わず「ダサっ」と独りごちて自嘲した。



通勤や、

移動する目的でロードバイクに乗ってはいたけれど、

最後に、自分の為だけにペダルを踏んだのは、どれくらい前だろう。


そういえば、先シーズン、

CXのレースは遂にひとつも走らなかった。


整備されたCXバイクは盆栽の如く部屋に飾られている。


振り返れば、

秋、娘の入院。冬、仕事の異動、まさかの異業種で、春になっても管理が全く儘ならない日々が続いている。


辛かった事を思い出に変える間もない程、忘れる事も忘れながら時は過ぎ、

自分を見失いかけては眠れない夜を過ごしている。


なんとか取った短い連休も、仕事が頭から離れない。



おりしも、


おりしもそんな時、


10年以上連絡を絶っていた恩師から電話が鳴る。


そんな些細なキッカケと、

僅かながら出来た独りの時間。

今なら走り出せそうな、そんな気がした。

自分の為にペダルを踏む事を僕は忘れていたのだ。



可愛らしく丸みを帯びた腹をひとつ叩いて、


クリートの嵌る乾いた音を聞く。


新調したサングラス、「100%」のスピードクラフトは視界良好、前傾姿勢でも眉毛の上まで良く見える。


いつもの練習場に行き、短いコースでタイムを計る。

ジュアッ、ジュアッ、とアスファルトにタイヤを擦り付ける。


なんだ、思った程落ちてないじゃないか。そう思った途端、もう脚が回らなくなった。


やっぱり、そんなに甘くはないか。でも、タイムなんか今はどうでもいい。

応える様にガーミンのバッテリーが切れた。


ただ走る事で、自分自身を取り戻せる様な気がしていた。なんとなく分かっていたけれど、

その一歩が、最近の僕には難しかった。


今は、また走り出せた事、


自分だけの為にペダルを踏めた事に、

少しだけ酔っていいと思うのだ。




日が沈む頃、閉店準備を始めたカフェに滑り込みアイスコーヒーを貰った。


息を切らしながら、

それでもいつもより饒舌に話す自分に、

店員さんも少し困惑していたかも知れない。










コメント
いつも拝見しております、久しく更新されてらっしゃらなかったので勝手に(すいません 気を揉みましたが、お変わりないようで安心しました、またの更新を楽しみにしてます。
  • miki
  • 2019/05/17 12:01 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM