KINFOLK OWNERS MTG #3


葛城山で十分に脚を削られた後、

グラベルの登りを、

皆フラフラと後輪をスタックさせては登っていく。


とはいえ不思議なもんで、

未舗装路というのは

なんだかワクワクさせる魅力がある。

よくもまあ、ソウ君こんな道を見つけたモンだ。

この辺りの道に詳しい中井さんも、コレはいい道ですね、と驚いていた。


それでも辛さは皆隠せない様子で、

その中でも、

玉虫の様に妖しく滑らかに光るKINFOLK CXを駆る、フジノさん。

(photo by 高橋君)


デニムのハーフパンツにTシャツ、

ウェストバックという出で立ちで、

言ってみればLAスタイル。SK8、ピストカルチャーをバックボーンに置くKINFOLKへのリスペクトはこの日一番だったかも知れない。


そんな身なりながらも、集団の真ん中を維持してクールに走る姿は、まさにキングオブスタイラー…。


励ましあってはどうにかグラベルの峠を越え、

ソウ君の「時間も押してるんでショートカットで行きます」の声に皆いくらか安堵。


灼熱の街道を走るけれど、むしろ平坦と信号待ちの休憩が若干救われるといえばそうだったかも知れない。


リュドラガールに到着し、

一旦解散。

僕らは近くの公衆浴場へ。

まだ5時にもなってないという事で、

風呂上がりに夕暮れを眺めるのはなんだか心地よい。


リュドラガールへ着くと、

もう宴の準備は終わっている。

乾杯のビールが格別だが、この後の期待感はライドへの期待と等しいか凌駕する程。


まずは冷製コーンスープ。

口にすればとにかく甘く、その後コーンの風味が押し寄せてそれがコーンの旨味だとやっと分かる。


次の冷たい前菜は、

パンとトマト、モッツァレラ。

これがまた

キンキンの泡と、とにかく合う。

そして

内蔵に優しい温かい前菜、アンディーブのグリル。

生ハムがまた美味いのだけど、アンディーブのほろ苦さと生ハムの優しい甘さ、そしてコレを泡で流し込む贅沢。

そんな最中、

まずはイベントその1

「NICE YOUR BIKE賞」の発表。

各自三票をカッコいいと思ったバイクに投じ、最もカッコよいバイクを競うイベント。


チチダ夫妻がワンツーで持っていき、

3位はCONERの西山さん!

夫妻のバイクは勿論、西山さんのセンスと、リスペクト感も良い!


店内は一層盛り上がり、


料理はここからが本番。

出ました、フォアグラ。

シェフである恭子さんの指示に従い、

パンに塗りつけながら食べると、

コレはなんだろう、

美味さしかない。


要は脳が

美味い、

以外の信号を出さないのだ。


〇〇の風味が、とか、

隠し味に〇〇を、とか、


そんなタワ言を言わせない圧倒的圧力。美味さ。


前に座るコーちゃんがフォークを口に運ぶ度、

「…信じられへん…」と呟いてたのが分かる。


イリュージョン過ぎてもう一杯、

となった頃、

先のレースの授賞式。

言ってしまえばハズレ無しの懸賞。


ヨッシャンが用意したLAのお土産品に、皆、いいなぁ、ヤバいやん!と大盛り上がり。確かにヨッシャンしか用意出来ないであろう品物も。

加えてKINFOLKのクラシックデカールのプレゼント。コレはホント、KINFOLK OWNERには垂涎のお土産だ。


宴は、続く。

次は白トリュフのパスタときた。

過去に食した記憶があったけれど、

それとは別物。とにかく香りの深さが違う。

何、この調味料は!

と叫ぶと、

「調味料ちゃうわトリュフや!」


とソウ君の子気味良いツッコミ。


続けて出るのはオマールエビ。

ミソを使ったソースと、その奥のパインとマンゴーのソース。

それぞれを味わい、混ぜて食ったらビックリする程、エビの旨味しか舌に残らない。エビの旨味にブーストが掛かる。


舌が完全にやっつけられて、

お腹もそろそろパンパンてタイミングでやってきたメイン。


牛頬肉のワイン煮込み。

いやいや、サイドのジャガイモがヤバい。種類の違うジャガイモをスライスして積み重ねた物を切り出していて、


コレを尋常でない柔らかさの牛頬肉と一緒に口へ運ぶワケだ。


まさに、口福。


ココは赤ワインと共にグイッと。


隣テーブルを見ると、

峠で凌ぎを削ったモッちゃんが撃沈。

そりゃそうでしょ、気持ちいいもの。



最後に、ソウ君お手製のパラコードブレスレットのお土産。

シッカリしていて、夏場は手首に一層映える。特にG-SHOCKユーザーの僕は重宝している。



こんなライドは過去に経験がない。

手前味噌かも知れないけれど、


集まった人の感覚。価値観。

新しい出会い。深まる絆。


やっぱり

KINFOLK OWNERS だった。


はっきり正解だったと思う。



思わず次を求めてしまう程最高だった、

今回のKINFOLK OWNERS MTG。


KINFOLK bicycle代表のヨッシャン、

ビストロリュドラガールのソウ君恭子さん。ソウ君はコースからイベントまで、何から何まで全部やってくれて、

成功の殆どは彼らの手による物だと思う。


そして何より、

皆の温かい雰囲気。


まぁ僕は酒飲んでただけですが…

集まれたらいいですね、また。


KINFOLKの名の下に。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM