シャモアクリームノススメ


自転車は、人が跨がる様には出来ていない。


いやそんなワケはないのだけれど、


男性のサイクリストであれば、

どんな高性能なレーパンを履いていたとしても、一度や二度は、

そう感じた事もあるのではないだろうか。


上手くいいポジション(GBP)に収まってくれず、


ゴリゴリと、


ゴリゴリとして、

とても全力でペダリングなんて出来ない、そんな時もあったのでは。



先日、ライド前の着替えでヨッシャンが

、使ってみます?とアソスのシャモアクリームを差し出してくれて(二度つけ禁止)初めてシャモアクリーム、これはサドル擦れを防ぐ目的の物と聞いていて、あまりサドル擦れ等はしないタイプの僕は必要無いと思い込んでいたのだけれど、大変調子が良い物だった。

ちなみに使用感は、メントールな、

スッーとヒンヤリで若干刺激的だ。


まさかと思い、

以前試供品で頂いたraphaのシャモアクリームを使ってみる。


やはり、そうだ。

あのゴリゴリ感がない。


男性の股間にぶら下がる、

2つの、

戦車に例えるなら、砲塔と車体だ。


戦車を戦車たらしめているのは間違いなく砲塔で、その格好良さに異論はないと思うのだけれど、

砲塔が吹っ飛ばされても車体さえ無事なら生還出来るので、やはり車体だけは守らなければならない。


その男性の股間にぶら下がる車体側の表面は殆どの場合滑りが悪く、

言って見れば萎んだゴム風船の如くシワシワと内股にまとわりつく。


そこで、シャモアクリーム。

raphaのソレは刺激は少なめで高級化粧品の様な良い香り。

適量指に取って、内腿と会陰に塗り込む。するとどうだろう。


萎んだゴム風船は、

ぷるんぷるんのゼリーの様に、

つるつると然るべき場所へ移動する。


ゴールデンボールが

ゼリーボールになった、まさにそんな風で、

僕はシャモアクリームを誤解していたと悟った。


しかし改めてシャモアクリームについて調べると、

正しい使用法はおろか、感想すらもどこか恥ずかし気に書かれている。

自転車と人の重要な接点という目を逸らせない部分でありながらプライベートな事情がたんと詰め込まれた厄介な部分だけに、羞恥心に負けて皆本当に伝えたい事を伝えきれてないといった様子。


女性に関してはサドル擦れの事だけしか書いてないかと思いきや、

やはり恥ずかし気に書かれている印象なので、きっと何か赤裸々には言えない有効性があるのだろう。


そんな誰もが恥ずかしい中で、

シャモアクリームを作った人は天才だと思うし、それを高級化粧品のレベルで商品化したraphaに僕は敬意を表したい。


もしこの商品に分かりやすいキャッチコピーを付けるとしたら、


「金玉、もう大丈夫。」


とか、


「金玉、気にならない、夏。」



などが、相応しいと思うし、

ゴリゴリに悩んでる方や、

良いレーパンを使ってる方には、

ぜひお試し頂きたい。









コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM