肉vs肉

ヒルクライムにおいての体重は、

タイムに顕著に表れる。


なので、

太ってしまうと記録更新は絶望的だけれど、

そんな事は御構いナシに、記録ポイントのある変電所までは必死で踏む。


葡萄坂は好きな峠だ。


勾配がキツい所もあるけれど、

変電所までは一気に登るには丁度いい距離だし、登り前半は街を見下ろせるので、グングン登っていく気持ち良さがある。


変電所から奈良側に少し降って登り返し大阪市内に戻るこのコースは、交通量も少ない上、気持ち良く速度が乗る下り、そして、

度々現れる登りがまた良い。

そして十三峠を奈良側から降る。


ちょうどお昼も過ぎたので、

そろそろ昼食を摂りたい。


十三峠の麓を出て国道沿いすぐにあるオシャレ自転車カフェ「FRANCY JEFFERS CAFE(FJC)」。

インスタグラムに特化した、店内も、食事も、何をどう撮っても写真映えするカフェ。

これはもう、インスタ映えのインスタ映えによる、インスタ映えの為のカフェと言っていい。


でも食事代が少々強気で、

前回訪れた時は、

コーヒーとハーフサンドのセットで1260円と言い渡され驚いたのだけれど、

最初から分かっていればどうという事はない。


それに、値段に恥じない味とサービス。トイレすら高級ホテルのようで、居心地としては満点だろう。


軽いライド時でも現金2千円くらいは携行してるワケだし、たまのソロライドにちょっとくらいの贅沢はツキモノだ。


そんな気分で、

久しぶりにFJCに寄る事にした。


カウンターでメニューらしきモノを探すと、真っ先にボリュームのあるハンバーガーセットが目に入り、

デカデカとコーヒーセットなら100円引きと書かれているが、肝心のセット価格を見つけられない。


だけど、レジでまごまごしてるのもカッコ悪いし、1500円くらい覚悟しとけば少々足が出ても別に構いやしない。

僕はスマートに、ハンバーガーセットでコーヒーもお願いします。と、注文。

首元のジッパーを少し下ろし、

フッ、と小さく溜息し会計を待つ。



『ではセットで…2160円になります。』



…なん…だと…?!


峠で流した汗とは明らかに違う何かが

サイクルキャップを湿らせる。


二千円は、強い。

強気、なんてモンじゃない。


てか、コーヒー100円引きって、

その割引き率、お得感あります?!

そもそも現金二千円しか持ってないやん…


…いやまぁいい、焦るな、

そうだ、こんな時は現金じゃなく、

カードだ。クレジットカード。


現ナマよりクレジットカードは心理的ダメージが少ないって、何かに書いてあった気がする(カード破産への道 著:角 破沙夫)。


僕はカードで支払いを終え、それでも

広い店内を落ち着き無くウロウロしながら、

僕が一国の首相だとしたら、

ビッグマックセットを引き合いに出されて世間から糾弾されているに違いない、などと考えていると、

呼出ブザーが鳴り、どうやって食うのか分からんデカイバーガーが眼前に現れる。分けて食う人もいるというが、

席についた僕は雑念を振り払うように、

両手でガッシとバーガーを掴み、齧れるトコから食っていくスタイルで挑む。

だってハンバーガーなんだもの。


重ねたハンバーグからベーコンがベロンと舌を出している。

まさに、

肉vs肉。カリカリの香ばしいベーコンにジューシーなハンバーグ、

特筆すべきは、完璧な加減で火を通した玉ねぎの輪切りがまんまゴリっと入っていて、

とにかく甘い。ライドで失われた糖質を玉ねぎで補給する。

甘く、ジュワッとしながら、ショキショキとした食感がたまらない。


玉ねぎの汁と肉汁が絡みあった汁が紙袋溜まり、

添えられたフライドポテトをその肉汁に浸けて食うと、これがまた美味で、

スペシャリテを名乗るコーヒーにベストマッチする。


これは、美味い。確かに。


オジサン独りのランチとしては些か高級な気もするが、

例えば、サイクリングデートならばどうだろうか。


『あの、よかったら十三峠ボクと、あのその…』

とか言って誘い出し、

あの娘僕がKOMを全力で獲りに行ったらどんな顔するだろう。

そして、仕上げにFJCへ。


ロードバイクデートの汗臭さを払拭して、お洒落でスポーティでお腹も満足なデートを演出出来るかも知れないし、

全力でKOMを獲りに行く事はデートではオススメ出来ない。


そしてふと我にかえる。


これ、また太るヤツでは。


帰り道は少しでもカロリーを消費する為に大和川の河川敷からIKEAでも目指そう。


特に面白くもない、河川敷ルート。

そう思ってたのに、

なんだろうか、疲れた身体にフツフツと湧き上がる幸福感。


ロードバイクに乗る全ての人がそう感じるかは分からない。


ただ、自転車が自分の、いや。自分が自転車の一部になった様な感覚が、

カロリーの消費を後押しした。


ビールを買って帰宅。


シャワーから上がり、まだ陽の高いウチにプルトップを引くと、

ヨッシャンからメッセージが届く。


『近くに来てるよ、LAのお土産持ってきたけど、どう?』


スグに向かうよ、と打ち込み、

ビールを飲み干してから、


僕は送信タブを押した。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM