RAPHA PROTEAM BIB2

愛して止まないRAPHA PROTEAM BIBが

大きくモデルチェンジしたという事で買ってしまいました。


試着しただけでも、

過去のPROTEAMBIBを

アップデートしたというより、

同じ名を冠しただけの

完全な別物といった印象です。


例えば裾のグリッパーが広くなった、

というのも(左が2)

構造そのものが変わっていて、

ショーツに直接プリントされてる為、

それ自体がビタっと張り付く感じ。

このフィット感はたまりません。


この様な素晴らしい機能等は、RAPHAのWEBサイトや雑誌のレポートを読んで頂くとして、


個人的使用感について書いておきます。


まず男性の股間にはおおよそ二つの物体がぶら下がってまして、

友人の言葉を借りると、


「カッコいい方」と「カッコ悪い方」


に二分されます。


確かに、

カッコいい方は大きいほど皆自慢気なのでやはり格好良いのでしょうし、

カッコ悪い方は大きいと酒屋の狸ぽく、どこか間抜けな印象で、

これは言い得て妙だな、と思いますし、


いったい僕は何を言ってるんでしょう。


とにかく、


カッコ良い方は海綿体なので圧力に強くある程度の力で握っても平気。

故に、適当に野放しにしておいて問題ないのですが、


ある程度の力で握る、

と聞くだけで震え上がるのが

カッコ悪い方ですよね。


で、

このカッコ悪い方の位置が悪いと、

太ももあたりでゴリゴリして大変不快です。僕の場合は特にダンシング(立ち漕ぎ)してる時ですね…。


コレはパッドの形状やライクラの素材感で変わってくると思うのですが、


今回のPROTEAM BIB2に関して言えば


なんと、

ビブのサイズに合わせてパッドの厚みも変わっているという事で、

そのお陰でしょうか。

非常に収まり良く快適に立ち漕ぎ出来るワケです。


僕はこの収まる辺りを脳内で

ゴールデンボールポケット

と呼んでいて、

このGBPの快適性で言うと、


クラシック<プロチーム1≦プロチームライトウェイト<プロチーム2


という感じでしょうか。

これは個人のサイズによって変わってくる所だと思うのであくまで僕個人の場合ですが。


そんなワケで、

とにかくこの新しいビブのフィット感は自転車用に進化した人の皮膚、と言って過言でない上、

上手い具合にカッコ悪い方を包み込んでくれます。


今まで通り履きたくなるデザインに加え、これほどの機能。


オトナの自転車乗りやゴリゴリ感に悩む人には必須のビブなのではないかと思います。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM