KOMへのコダワリ

巨大商業要塞といった風貌の、

京セラドーム周辺。


自転車に息子を乗せて、

要塞の一翼を担うAEONにやって来た。


連休初日と言う事で、

大変な人熱の中、駐輪場が満車状態。


パパ、あそこ空いたよ!と言う声に振り返ると、すぐにオバちゃんが自転車を滑りこませる。


ツイてないな。と、

結局15分ほど駐輪場をウロついて、

ようやく入店。


しかし、お目当の

娘のファーストシューズは未入荷。

まったくツイてない。


きっと父さん、午前中に

今日の運使いきっちゃったのかもね。


−−−−−


その日の朝のライドは少し寝坊して

始まった。


昼までに帰る為、昔通ってた通勤経路から舞洲へ行く、50km程のコースを選択。


レジャー施設等が並ぶ舞洲は、

景色が良く開放的な雰囲気で、

周回練習に休日気分をもたらしてくれる。


河川の堤防からアクセスすれば、少し遠回りだけどさらに気持ち良いルート。


昔の通勤経路を懐かしみながら走り、

堤防に到着、舞洲へはココで左だけれど、

真っ直ぐ橋を渡ると、

以前の勤務先。


この橋に、

STRAVAのセグメントが在る。


橋の入り口信号から出口信号までの、

600m。


勾配は緩いが、

橋なので風の影響も強く受け、

幹線道路なので交通量も多く、

信号のタイミングで

簡単 にアタックは殺される。


結局回数を重ねる程

環境が成績に大きく貢献するので、

当時、毎日通勤してた僕は

この橋で(遅刻ギリギリで)

KOMを獲れたワケだ。


しかしSTRAVAのユーザーも増え、

それも今は昔。

気が付けばもう10位あたりだろう。


KOMにそれ程

拘ってたワケじゃないし、


だいたいタイムトライアルは

無酸素運動で身体にも悪い気がする。


今から周回練習に行くのに

脚を使い切るのも違うと思うし。


でも顔を上げると、


信号は「青」。


連休初日で交通量も少なく、


風は凪いでる。


僕は、


反射的に

ペダルを踏み込んでしまった。


回り出したペダルに反して、

気持ちはまだ迷ってる。


でも、

スタートラインまで緩い登り。


ここで加速しないと

タイムは期待できない事を知っていた。


…ああもう、行くか。


下ハンに握り変え、

サドルから尻をガバッと上げる。


ギアは9速、加速して、

僕はスタートラインを切った。


ほとんど交通量はない。


脚が軽い。


イケるかも知れない。

そんな予感は僕の背中を押す。


が、橋の頂点に差し掛かる頃、

もう肺が痛くなってきて、

突風が真横から吹き付ける。


それでも、


シフトレバーを押し込み、

トップギアへ。


「ガチ、ガチン」

ん?二速上がった?

どうやら9速と思ってたのは

8速だったらしい。

軽かったのはコレか…


二速アップで下り始め、

速度計に視線を落としたが、


サングラスに巻き込む風のせいか、

辛くて泣けてきたのか、


溢れた涙でよく見えない。


うっかりギャップを拾ってしまい、

振動でチェーンが、

シャンっと9速に落ちてしまう。


自分の整備の甘さに舌打ちしながら、

すぐ10速へ押し戻し、

メーターは、たぶん50kmには達してる。


顔を上げ、

ゴール付近の車両や人を確認。


ここで信号が赤なら、

当然ブレーキを掛ける事になり、

アタックは終了だ。

が、


車も人影も無く、


信号は「青」。


…ツイてる…


息も絶え絶えに

(ここで踏まなきゃ)後悔するぞ!

と自分を叱咤、


もう一つ、踏み込む。

すると、

クロモリハイエンドの

ギガチューブは、

しなう様にして、

ぐい、と前に推し出てくれる。


公道である事に配慮して、

ブレーキレバーに指を掛けつつ、


僕はゴールラインの青信号を突っ切った。


あっという間に到達した、という感触が、

心拍が落ち着いた頃、手応えに変わる。



その後予定のコースを巡り、


ライドの終わりに、

いつものコーヒースタンドに立ち寄る。

舐める様にログを見る僕は、

誰から見ても気持ち悪いな、

と自嘲する。


結果は2位。


KOMから2秒差。


ウワーッ!と叫びたい気持ちにコーヒーを注ぎ込んで落ち着かせ、


600mの2秒差は圧倒的だと気付き、


まてよ、って事は、

3秒近く過去の自分を引き離した事は喜んでいいんじゃないか。


その理由はきっと、

でも、

コイツだろうな。


昨日ワックスを掛けたばかりの、


ライジン製 KINFOLK ROADRACERが、

木漏れ日を跳ね返していた。


店を出て、

ガードレールにもたれるバイクに手をかけようとすると、

「いつも寄って頂いてありがとうございます」と、

店員の女性がワザワザ出てきて声を掛けてくれる。


綺麗な自転車ですね、と言われ、

なんだか照れ臭くて、

いやあまあ、

と早々に立ち去った。


−−−−−


夕暮れ、

3件目でやっとムスメの靴を発見出来た。


息子には食玩を買ってやり、

自分には何か酒を…

「今日パパ頑張ったからコレでいーよー」と息子が突然ワインを選んでくれた。偶然にもDOCG。ええやん。


まぁ、ログ眺めながら、

たまには良い酒で酔うのもいい。


ありがとうな、

と手に取って、僕らはレジへ向かった。


もちろん、

ワインの値段は
妻には言えないのだけれど。



STRAVAは、

言ってみれば拡張現実、

ポケモンと同じ。


そんなモンの為に事故したりケガするのは余りにも馬鹿馬鹿しいと思う。


でも、

無事に帰ってくる事を前提として、


少しばかり「ムキになる」ってのは、

案外悪くないのではないだろうか。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM