関西CX2017 #11 和歌山マリーナシティ戦

不甲斐ないレースをしてしまった、
という印象。

前半はそこそこ善戦したものの、
アスファルトのストレートと、

子供の頃そこかしこにあった『空き地』と言うのが最も伝わるのではないか、
というじゃりじゃりで固い路面のテクニカルなコーナーを上手く処理出来ず、
みるみる順位を下げてしまった。


そんな最終戦の会場は、関西CX初の開催地となる和歌山マリーナシティ。

主催側も和歌山でシクロクロスを盛り上げようと、TVを呼んだり、台湾料理の屋台が並んだりと、気合いが入ってる。

そして、会場のとなりが子供向けの遊園地、ポルトヨーロッパである事もあり、

今回僕は、海岸沿いの温泉宿を予約して、

前日から家族旅行も兼ねて参戦する事にした。

当然、妻や子供の前でイイトコ見せたかったワケだけど、
展開としてはズルズル下がるだけのレース内容で、
4歳の息子に
『パパァ、レースいっしょうけんめいはしったの?』
と聞かれる始末(深い意味はないと思うけれど)。

しかしそれだけではなく、
やはりレースの中にドラマはあった。

スタートの号砲直後、
長いアスファルト、
右前方で一台派手に揺れて落車。

そこに数台突っ込むカタチで
ちゅどんとなっていて、

僕は運良くかわせたけれど、
その後ろ辺りを走ってるソウ君が、
まさか、いや、きっと大丈夫だ。

そう自分に言い聞かせて
僕はコーナーへ飛び込んだ。

その後は前述のレース展開。

とはいえ結果として、順位は散々でも
なんとか残留を決める事が出来た。

それにしても、
今年のエスキーナチームはヤバかった。
ヒロシさんには結局1度も勝てなかったし、最近C3に上がったばかりの大柄なチームメイトは、
土煙りを上げ僕を抜いたその足で、
この日表彰台に立っていた。

レースが終わり家族と車に戻ると、
物憂げにヨッシャンが、
『ソウ君が落車に巻き込まれて』
と呟き、え、怪我は?!
と言う僕の問いかけに答えるヨッシャンの雰囲気で、大怪我でも直ちに運ばれる程ではない、という様子が伺える。

簡単に着替えて向かうと、助手席でグロッキーになったソウ君の姿。

大丈夫?…と、
ひとつふたつ言葉を交わしたが、
喋るのも辛そうだった。

レースがいつも楽しいのは、
ケガも厭わない程夢中になれるから、
ってのはそうなんだけど、

彼と代わって、
僕が怪我をしたかも知れないと思えばゾッともするし、

何よりCXシーズンが終わり、
チームライドを楽しみにしていた僕としては、仲間が怪我をしてしまうのは
やはり悲しい。


台湾料理の屋台から、
香ばしい香りが漂う。

そう言えば、お腹空いた。

元気づけようと、
青い顔をして肩からの流血に
苦しむソウ君に、

…食欲ある?

と聞くと、

『あるわけないやろ!』

と即答で怒られ、
場の失笑を誘って、

僕は本場のビーフン(嫁も絶賛)
を啜るのだった。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM