CLUG(自転車スタンド)

自転車はご存知の通り税金が掛からないので、
油断してると段々増えていくもの。

故に、
ほとんどの自転車乗りは置き場に悩んでる事でしょうし、
自分も例に漏れず、とりあえず出動頻度の高い一台を軒先に駐輪するべく、
玄関に収まるラックを探しました。

マンションの玄関は一戸建ての様に広さもなければボルトでフックを打ち込むワケにもいかず、

立て置きは効果的なのですが、
立て置き式のラックは土台とつり具で案外場所を取ります。

そんな中発見したのがコレ。

ボルト二本で壁に打ち付けるタイプ
ですが、とにかく小さい。

石膏ボードにはアンカーを打ち込んでから設置と書かれてますが、
賃貸なので流石にそれはマズイでしょう。

しかし今は石膏ボード用の強力な
ピンがあり対荷重7kgの強力ピン二本をボルトの代わりに使えばイケる気がします。

設置。

震えるほどミニマム…

自転車を設置してみると、

やはりピンでは少々弱く少しグラつきます。

自転車を抜く時は、
引き抜けばいいのかな、と、
グイッと引いたら、


ズボウっ


と、ラックごと抜けました。
四方に広がったピンの針が
球根の根っこのようで、

思わず
笑ってしまいました。

ですが、

笑ってる場合ではありません。

押しピンの対荷重は引っ掛け荷重だという事は何となく気付いてはいました。

とにかく、なりふりかまってられなくなったのです。

そこで、DIYではおなじみ、
ディアウォールを使います。

ホームセンター等で4〜5百円で売られてる2×4(ツーバイフォー)角材の上下にスプリング入りのカップを付ける事で、突っ張り棒にする、という代物で、

賃貸でもボルトを打ち込めるので、
例えば棚を製作したりする事も可能です。

これを設置して、
そこに次こそボルトで打ち込む計画です。

とはいえ、あのミニマム感を捨てきれず、ヤスリ掛けしてペンキで白く塗ってみました。

北欧感出て、中々いいじゃないの…。

そして、clugのパッケージを展開すると、なんと罫書きの手間要らず。
このままドリルでデュンデュンと穴を開け、そこに付属の木ネジで固定すると、

ガッチガチに固定出来ました。

自転車を取り付ける時は、
前ブレーキを握って、そのままグリッと
押し込むと、バチンッと嵌ります。
中々の保持力で、
簡単には倒れる心配は無さそうです。

外す時も、タイヤを下に転がす感じで
抜くと、ニュルンと抜け出してきます。



clugは海外通販で1700円程で購入。
ディアウォール、角材、ペンキ、筆、ヤスリで、合計2200円くらいという事で、
縦型のラックとしては安く出来たんじゃないでしょうか。

自転車が無い時も、
物々しく無くて気に入ってます。








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM