northstbags scout duffle11

ピスト乗ってた人の中には、
なんならドリンクホルダーすら付けたくないって人も少なくないと思うし、
バーバッグなんて甘えでしかない、ダサい、ってのもよく分かる話なんですが、

個人的な美学を語ると、
後付けの装備を脱ぎ去れば純度の高いレーサーとしての素体が姿を現す、ってのはすこぶるカッコいいと思ってます。

それがピストでもロードでもいいんですが。

とは言え自分もバーバッグはカッコ悪いと思っていて、
その理由として、

『ほらね?使いやすいでしょう?』
みたいな作り手のお節介が伝わってくるモノがバーバッグには多く、

自分の美学一つで純粋に、好きに、真面目に作ってるモノが少ないと思ってたのも事実です。

でも、
northstbags scout duffle11に関して言えば、
一目惚れするカッコ良さ。

ブランド自体はずっと気になっていて、
バックパックも次買い換えるならコレいいなぁ、なんて思ってたんですが、

このバーバッグに関してはガマン出来ませんでした。

ドラムバッグをキュッと小さくして、
ハンドルに挟み込んだ様な
こんな愛らしいルックスなのに、
触れれば分かる質の高さ。
このさり気なさを機能美と呼んでいいのではないでしょうか。

実は防水だったりコーデュラナイロンだったり、グローブ付けたままでも操作し易い気使いだったりと色々施されてるんですが、デザインに落とし込まれて全くウルサくない。

強いて言うと、
自転車とのマウント用のクリップが硬くて慣れるまで多少かかる事。

コツを掴んだらこの硬さ故の安心感もあるんですが。

後、ハンドルとのマウント位置をバーの上方に持って来てコロンとしたシルエットを活かしたいのですが、
重さで下がってバー下にクリップが来ると、垂れ下がるカタチになり、
場合によってはフロントタイヤに擦る事に。

そこで、クッション性のある両面テープ(安いので大丈夫でした)をハンドルに巻いてからベルクロを巻いてシッカリ締めれば、実測2.5kg(弁当、水筒、財布等小物)くらいでは下がりませんでした。

蛇足ですが、通勤時リュックからバーバッグに変えた時の感動は素晴らしかった。背中の荷からの解放。ライド気分で出社出来ます。

カメラや携帯をスグ取り出せるだけでなく、荷を背負わないって事がこんなに自由だとは。

しょーもない自分の概念をブチ破って、
新しい自転車の楽しみ方を教えてくれたバッグです。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM