自転車ファッションを考える33

そして私は、
棚の上にコトりとヘルメットを置いた。

官能的なライドから自宅へ戻り、
サングラスを流水に晒して、
上質なベルベットの肌触りを持つクロスでそれを拭き取りながら、
壁の時計を見上げた。

午前11時15分。

「エレブンフィフティーン、エイエム。」

なんとなく口にして、自嘲する。

ニキータとのランチの約束まで、
まだ1時間以上あるが、
大人は余裕を持って行動するものだ。

おもむろにジャージのジッパーを
開け放てば、
ウィンターエンブロケーション
の香りが汗の匂いを滲ませ、
脱衣所にフワリと広がる。

蛇口をひねると、
熱いシャワーがジャっと湯気を立てて
吹き出した。

だが、私は躊躇した。
エンブロケーションに熱湯は厳禁(注1)。
燃える様な痛みを伴う。

それを知ってなお、
エンブロケーションの塗り込まれた足先を熱湯に晒した。

「痛ぅっ…」

小さく呻きながら身体を流し、
シャワーを止め、

熱い湯のはった湯槽に、
ゆっくりと腰を下ろす。

「はあぁっ、痛ぅっ…」

眉間にシワをよせ、
今度ははっきり声にした。

だが、熱いのか、痛いのか、
それすら分からないまま、

この痛みも、
冬のライドの嗜みだと眉間のシワをそのままに、私は耐え、誰ともなく、
笑ってみせたのだった。




『ラもッつさん!こっちよ!』


お待たせ、ニキータ。
待ち合わせ場所に着き早々に移動する。

彼女が、パスタが美味い、
と言うその店は、

リノベーションしたビンテージマンションの一室、
クラシカルな装飾と白塗りにされたコンクリートの壁、
テラスの突き抜ける青空とのコントラストに、
私はシチリアの風を感じていた。

『今朝もまた自転車?』

重そうな付けまつ毛を瞬きながら、
紅くぽてりとした唇をのったり動かし、
少し呆れ調子で聞いてくる。

僅かな不満を感じさせない気遣いを
その笑顔に含ませてはいるが、

私は当たり前の様に、そうだよ、
と返す。

「ご注文は?」

ボートネックのカットソー、
腰下にソムリエエプロンをした、
若いウェイトレスが聞いてくる。

『ここは魚介系がね…』
とアドバイスするニキータを、
唇に人差し指を当てて遮り、私は、

『じゃあ…この、「大盛り岩塩パスタ〜オリーブオイルを添えて〜」(注2)をもらえるかな。』

そう注文し、
ウェイトレスのピタリとしたグレーのカットソーがそのボディラインを際立たせる事に目をやり、
やはり、
最も体の陰影が付きやすく、
隆起した筋肉を美しく見せるならグレーのインナーだと確信した。

RAPHAのメリノウールも、モンベルのジオラインもグレーがやはり、良い(注3)。

そういえば、今日も外気を遮断するアウター(注4)の内側で、汗を素早く発散させようと私のインナーウェアは良い仕事をしてくれた。
そうで無くては、汗が外気で急激に冷やされ、たまったものではない。


私の目線に気付くニキータが、
『今考えてる事、当てましょうか?』

ん?

『あの若い娘の事でしょ?ほんと女好きね』

いや、自転車の事だ。

しいて言うなら冬のウェアについて。
自転車乗りは、常に自然の脅威にさらされながら、
時に逆らい、時に手を取り合う様に駆け抜けるのだ。

その為に高機能なウェアは必須だが、
果たして機能だけを追い求める事は正解なのだろうか。


私はまた思い出す。

暗く低い雲の下、冷気を切り裂き走り出した午前五時。
山脈に差し掛かると、霧の様にまとわりつく雨は
大粒の雨に変わってサングラスのレンズを撫でては視界の端へ弾けた。

脚を止めればたちまち体温が下がる冷気。
激しく、熱い息が口元に雲霧を発生させ、はぁっ、はぁっ、と坂を登る。

やがて頂きが顔を出し、
ギアを一つ、上げてみる。
山岳賞でもとるのかい?

自問して踏み込んだ先の山頂、
雨はやみ、
厚い雲の隙間から御光の様に朝日が降りてくる。

『おぉ…グローリー…』(注5)

独りごちて、

ウットリとした顔で私は、

ウェイトレスからパスタを受けとった。

その様子を見ていたニキータ、

激おこ。


ちがう。

自転車の事だ。

彼女は、伝票を持って立ち上がり去って行く(注6)。

テーブルに残された私は、
少しばかり岩塩が効きすぎたパスタを
口へ運ぶのだった。





(注1)ウィンターエンブロケーションは、濡らす前に塗布した箇所をシッカリ泡立てた石鹸で擦り取る様にしてからぬるま湯で流して、それから入浴する事をお勧めします。

(注2)自転車乗りは炭水化物とミネラル。すっかりアスリート気取りが気持ち良い。

(注3)ジオラインやプロチームの化繊インナーは比較的高強度短時間トレーニング向け、メリノウールは降りで身体が冷えやすいロングライドに適してるとの事。

(注4)raphaのハードシェルは相変わらず最強の防水性能ですがロングライドでは逆に暑く感じてるので新作のプロチームジャケットがとても気になってます。

(注5)御光って意味。

(注6)フられ際にご馳走になるのは男性的には最大の屈辱です。







コメント
いつも楽しく読ませていただいております。
今回のブログも文才溢れる内容で非常に面白かったです。
  • 中丸
  • 2015/03/03 1:48 AM
お返事大変遅くなりまして申し訳ありません!

すごく嬉しく思います!
自分的にもこうゆう文章書いてる時が1番楽しいので本当にありがたいですね。

ちょっと間があきましたが、
また再開しましたので、今後もまたよろしくお願いします!
  • もっつ
  • 2015/05/05 5:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM