StreetPistCulture〜PEDAL ピストカルチャーとは何だったのか〜

『20年前は城見で階段とゆう階段は殆んど飛んでましたよ:笑』

と自嘲気味に笑うナゴさんは、
ぽてっとしたお腹と柔らかい物腰から
想像出来ない程のガチのスケーター。

そんな彼が、
『PEDALってビデオ持ってたら貸して欲しいんですが。偶然予告編観て気になって。』

と言うので、もちろん構わないですよ、
と手に取って懐かしくなり、
今の自分の目にどう映るのかも気になって、
貸す前に久しぶりに観てみた。


印象は以前程重く感じないが、
収入が低かろうと家を失おうと、
脚を失おうと、
銀輪から離れる事が出来ない
NYメッセンジャーは、まるで、
自転車とゆう名の麻薬に溺れたジャンキー。
生き方がパンク過ぎてまるで付いていけない。

しかし、自律性と言うか、
自分のルールを皆持っていて、
それは社会のルールすら
意にも介さない、
そんなスタイルを持っていた。

ホントにパンクなんだな、と、

ふと思い出した。
昔やってたバンドの相方との会話。

『お洒落でカッコイイ音楽作ってる人は、皆パンクロックを通過してるんじゃないか?』

それは興味深い話だった。
当時、パンクロックはそれまでの
音楽と全く違ったらしい。

追いかけてた真っ当な価値観を
パンクスにぶっ壊されたミュージシャンからは忌み嫌われたに違いないが、
本質はそこじゃなかったと思う。

ファッション的でありながら、
反体制であり攻撃的。
そのイリーガルでエモーショナルな
サウンドやファッションの美学を
理解出来るか否かが境界線。

どうにも、
パンクを通過してる人達はジャンル問わず、
センス良く、
格好良い物を作る気がする。


DVDに出てくるメッセンジャーは、
自分達でバッグを作ったり、
服を作ってみたり、

そのDIY精神はこじ付けじゃなく、
革ジャンに鋲打ったり、
ステンシルでバンドT作るその感じにも似ていて、

なるほど、

ピストカルチャーとは、
自転車界のパンクロックだったのかもな、

と1人頷いてみる。


もう、
二度とピストムーブメントは来ない。

社会的ルールに法って、
清く正しく走る事は本質的にストリートピストカルチャーとは全く違う。

だからもう二度とその文化は来ないし、
来なくていいと思う。

でも、
お国が本腰上げて制裁を加えるくらい、
それは確かにあった。

その事実を示す様に、
ファッションや、
精神だけ残れば良いと思う。


ビデオのクライマックス、
『モンスタートラックレース』が始まる。

街中のチェックポイントを廻るアーレイキャットレース。
ルールは、
『ブレーキを付けない』だけだと。

最近、
嘘でも自転車競技を始めた自分は、
冗談じゃない、と思う。

きっと、ナゴさんが観たら思わず
笑ってしまうだろうな。


それでも自分も、
そんな文化を否定出来ない。

むしろ、
イリーガルな文化に
僅かな憧れを感じる少年の様な心を、

そんな自分を、
今なら肯定出来ると思う。




コメント
同感ですねー、でもこれからはピストを大人の不良のカルチャーとして楽しみましょう。
  • ごぶろう
  • 2014/07/05 9:21 PM
>ごぶろう さん
コメントありがとうございます。
パンク=不良って定義もあるくらい、ピストカルチャーもイリーガルであって然るべきだったんでしょうね。
いつまでもお洒落で不良な文化として、残って欲しいと思います!
  • もっつ
  • 2014/07/05 11:45 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM