待ち人を待つ優越

ヨッシャンの話では、

今、調度工房に余裕があるのか、
通常より早く出来上がりそうだと聞く。

とはいえ、半年待ちは当たり前の
オーダーフレーム界で、
速いと言っても3ヶ月は見ておいた方が良いし、

その間にフレームの色や
セットアップするパーツを集めて置くのも、
楽しみの一つだ。

大きく分けて、4つ。

ドライブトレイン、

サドル周り、

ハンドル(ブレーキ)周り、

そして車輪。

全て同じブランドで揃えてもイイだろうし、
無関係なパーツ群で組んでも、

ルールなんかない。

だからこそ、面白い。

外したり、あわせたり、
洋服のコーディネイトに少し似てると思う。

機能か、ルックスか、

ルックスや色だけのパーツ選びじゃ、
どうにもチャラい感じだし、

機能だけ追及すると「機材」然とした
趣味性の乏しい感じになる。


とにかく小物はヘッド、BB共に
「機能美」と言う言葉が相応しい『ChrisKing』。
P1220069.jpg
まぁ、BBは
ヨッシャンとソウ君に「新品買う必要あるんですかっ!?」
と諭され、サブローザから移植。

もう2年使ってるけど、回転性能が落ちてる様には
到底思えないのは流石(さすが)。

クランクもお気に入りのracefaceをそのまま
移植。

サドルは、fizikあたりで
シートポストはトムソン、って
レーシーでスタイリッシュな、
よくある組み合わせ。

brooksの新作c17が気になってたけど、
400g近い重量はイタダケナイ。


でも、このままじゃ無難すぎるので、
ステムをあえて外すか、

と、先日ムーブメントで見た
「kimori」のステムを導入。
P1220072.jpg
大阪の金属加工会社が独自で展開
するブランドで、

地元愛に根付く感じもいいし、
何より、軽く高剛性。
そしてこの波動砲の様なデザイン。

トムソンとあえて揃えないのは
少し勇気が必要だったけど・・。


ブレーキレバーはヨウ君がくれた
カンパレコードのシフターを抜いたモノ。
P1220061.jpg
シフターの溝にラバーが入り込んで使い難いが、
軽いし、何よりくれた人の気持ちが嬉しいので、
使う。

そんなパーツを、
デダのハンドル、『zero100』に取り付けよう。


そんな感じで夢想、妄想を繰り返せるのは、
オーダーフレームを待つ醍醐味。

後、フレームのカラーリングも
そろそろ夢想して置かなければいけない時期だ。

それについては、以前から決めていた。

「ミッドナイトブルー」

青春を共にしたバイクと同じカラー。

それが、自分のkinfolkに
与えられた個性になるんだろう。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM