エンド金具からの夢想

『エンド金具はココで選んでみてはどうです?』

ヨッシャンが紹介してくれた、PARAGON。
まさか、エンドまで自分で選べるとは思わなかったし、

こうゆう提案をしくれるのはKINFOLK、というか、
ヨッシャンならではかもしれない。

雰囲気のあるサイトで、金具も
選び放題といった感じでワクワクする。

ふと目に留まったのは、
ピストエンドにディレーラーハンガーが付いたモノ。

これにすれば、
多段化できるワケか。

今更だが、
カスタムオーダーする上で重要なのは、
どんなフレームに乗りたいか、って事を明確にする事だ。

ソウ君も同時に注文するので、
二人であれこれ仕様を考え、
相談したりしながら、自分の「我」を仕様に落とし込む。

ロードにもシングルにも、
どっちでも組める仕様もたのしそうだけど、

やっぱ、自分はシングルの、
完全なるレース仕様、
ボトルケージも付けられないヤツにしようか。

『ええっ、ぜったい後悔しますよ!』

と言うヨッシャンとソウ君の言葉は、
友達として、の言葉だろう。

まぁ、泥詰りとかもあるから130エンドにはするし、
イザとなったらハンガー付けてイケるんじゃない?

『そんな、カスタムオーダーでタイラップとか・・・』

て言葉は、自転車屋としての美学だろうし、
それはちょっと、確かにそうだな、と思った。

その後、

会社の同僚にも
「ええっ!ピストエンドっすヤン?!あほすか?!なんで今更・・」
って言葉を頂く(笑)。


それでもヨッシャンはとにかく理解してくれて、
『じゃぁ、カッコイイSSCXにしましょう!』と前向きになってくれた。

まるで、余計なモノは一切付けない、

そんな風に書いたけど、
最後はこのエンドを選んだ。
左エンド下に付くカギ爪、
これは『栓抜き』。

例えば、

レース前日、3人で自転車を整備して、
明日の勝利を願い、こいつで1本抜いて乾杯するとか、

車から自転車降ろして、スグにビールを抜くとか、

なんかいい感じ。


『じゃぁ、これでオーダー入れますね』

って、しばらくして半笑いで、

『送料が商品代より高いっすよ!W』

ま、まぁええんちゃう・・(笑)。

そんな感じで、パーツを選び、
仕様を考え、夢想しながら、

楽しさと期待を詰め込んだ
KINFOLKの仕様書は段々と
出来上がっていく。


続く

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM