StreetPistCulture〜愛すべきエンスー達

例えば、

54年製のストラトキャスターに魅せられるブルースギタリストの様に。

例えば、

往年のLEICA SUMMICRONを手にしたくなるカメラマンの様に、

自転車のパーツに、「往年の名作」を求めるピスト乗り達も、
当時は多く居た様に思います。


ロードレーサーのパーツであれば、
最新型のモノがやはり高性能で、
それでも過去の名作を骨董品の様に集め、
当時の雰囲気を楽しむエンスージアスト、
まぁ分かりやすく言えばマニアとかオタクって言い方も出来ますが(笑)、

そういった人達の組む自転車は、
圧倒的に「モノとしての美しさ」が違います。




まだピストのトリックをnjsフレームで
傷つけながらやる事が当たり前だった頃、

逆に、

ピストをそう言った過去の、
「往年の名作」パーツを探して、
美しく仕上げる文化も一気に加速しました。


ピストパーツはシンプル故に、
常用範囲の使い方で新旧の差がハッキリ分かる程ではなく、
雰囲気だけでなく十分走行に耐える事も、
面白さの決め手だったのかも知れません。

デュラエースやカンパレコードのクラシックなパーツ、
今はなきサンツアーシュパーブのクランクやハブなど、
絶版パーツも人気で、

時代の陰に隠れた名作(迷作)を見つけた時は
感動もヒトシオ。

それを磨いて、美しいラグフレームに組み付ける。

さらには、

もはやnjsにこだわる事なく、
流用できるパーツならなんでも、
BMX,MTBや、
骨董品のロードバイクのパーツも組んでしまうもんだから
節操無い。

しかし、

そんな自由な発想から生まれた美しいピストや
楽しくなる様なピストを、
当時はそこかしこで目にした様に思います。

勿論、
今もそんな楽しみ方をしてる方も沢山いて、
自分もそんな中の一人かもしれません。


その後、

fixedgearの可能性を模索するこのムーブメントは
より頑丈でエクストリームな動きに対応する
トリック主体のピストが、
注目を集める様になるのです。

が、

その話はまた別の機会に。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM