StreetPistCulture〜白いピスト

ピストをストリート誌が取り上げ始めた頃。

一世を風靡したリムがありました。

『Velocity DEEP-V』

丈夫なアルミに厚く塗られた塗装は
いかにも重く、作りも荒く、
軽量で高精度なリムが好まれるロード用の700cの車輪としては
敬遠されそうなプロダクトでした。

しかし、

折れ難く(当時)、
色鮮やかでファッショナブルなこのリムは、
安価である事も含め、

トリックに夢中なストリートライダーには勿論、
お洒落なピストに乗りたい人にも
まさにウッテツケのリムだったのです。



競輪場を走るピストはどれも派手なカラーを
身に纏っていて、

その中古フレームに乗るストリートライダーは
数少ないカラフルなパーツを探し、

皆、個性的な色合わせのピスト作って
楽しんでいて、

ペダルIDってサイトが大流行していました。

当時、

カラフルで競輪フレームの規格に合うパーツは本当に少なく、
MTBやBMXのパーツを流用したり、
(これは強度的やポジション等、
色んな意味合いも出て来るんですがそれはまた別の機会に。)

とにかく色の着いたパーツを皆が
探した時期。

しかし基本的にスポーツ自転車のパーツは
機能優先で、
アルミに塗装してまで色を乗せる事は少なく、
殆どがアルマイト加工。

このアルマイト加工、
簡単に言うとアルミの表面を染めてる
ので重さを変えず色が付く加工方。

が故に、

『白』はアルマイトでは『シルバー』を差し、
真っ白のパーツは塗装以外では表現出来ず、

重くなる『塗装』されたパーツは、
その存在理由すら当時は無かったのかも知れません。


そんな中、


ゴーストバイクの様な真っ白なピストに乗るピスト乗り。

フレームは勿論、リムもステムも真っ白。


ピストムーブメントの蔓延により
機能よりファッション性優先のパーツを制作する
candyrimの様なインディペンデントなブランドが
立ち上がり、
塗装パーツや特殊アルマイトパーツが手に入る様に
なったのです。

こうして、

より個性的なカラフルバイクは勿論、
日本人がより好むと言う、『まっ白』のピストも
見かける様になりました。

今思えば、Velocity DEEP-Vは、
競技や既存概念から離れた、
新しいコンセプトだったのかも知れません。


その後、
企業がストリートピストに目を付けたのもこの頃で、
それでも情報が無いので
積極的にイベントに参加したりそのシーンを調べまくってて、

結果、誰もが望む、
「白いピスト」を完成車で生産するに至ったそうです。

これは、
生産者が提案する一般的な消費社会ではなく、

シーンが企業を動かした瞬間だったと記憶しています。


ちなみに、その白いピストはバカ売れで、
街の中でも相当目にする機会が多いと思いますが、

これは、
俗に言う「ストリートカルチャー」の中から生まれた
プロダクトだと言う事が出来ると思います。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM