自転車ファッションを考える21

先日発売になったこのデニム。

P1170766.jpg
 Levi's COMMUTER 511

左腰の後ろにはU字ロックのホルダー、
裾を折り曲げた『赤耳』には3M製のリフレクターテープ。
軽量で伸縮性も高く、
撥水、防汚機能もある。

その全てを、
スタイリッシュな511のスキニーシルエットに落とし込んでなんと、

・・・1万えーん。

スキニーに抵抗無い人なら必至、とりあえず一本買っとこう、
って魅力的な商品。

しかし、果たしてそんな都合の良い話(製品)があるのだろうか?




淡路島100kmをこのデニム履いて走行する事に。

まず、
レーパンをインナーにして履けるか。

これはストレッチがかなり効いている上、
デニム自体がかなり薄いので、問題なく行けました。
ピタピタのシルエットからは意外です。

ポケットに手を突っ込むと、かなり深く作ってあって、
中のモノが落ちにくい構造。考えてます。

U字ホルダーは、鍵を抜く時はサッと出せますが、ホルダーに挿すのは
ちょっと慣れが必要でしょうか。
それでもアルとナシでは全然ちがいます。
R1005742.jpg
裾のリフレクターは、かなり光るんじゃないでしょうか?
さすが3M。

で、ストレッチがかなり良い感じで、
足もスムーズに動きます。

さて。
撥水性。

ちょうど雨が降ってきたんですが、
その前に室内で実験。

手に水を軽く含んで、パラッとかけてみます。
すると、
R1005739.jpg
見事に弾いてる!!

デニムも
R1005741.jpg
おおっ!ちょっと弾いてる!

どちらかと言うと、チノパンの方が生地の密度が高いからか、
しっかり弾きます(伸縮性はチノの方が落ちる)。

手でパラパラ叩くと、チノはしっかり弾きましたが、
デニムはやや湿ってました。

さて、
淡路の雨の中を20〜30kmの速度で走ると、どうでしょう?

なんと!



・・・・・・びしゃびしゃ。

インナーまで濡れてました。

そりゃそうでしょう、
あくまで撥水、「防水」ではありませんし、
浸透圧が高いと普通に水が通り抜けて行きます。

この撥水防汚機能って、ナノサイズのプラスチック球を生地に付着させて
表面に凹凸を作り撥水するそうです。蓮の葉の表面とかと同じ原理だとか。


帰宅して洗濯。
縮みもなく、わりと速く乾きます。
自転車乗りにこれは大切。
(柔軟剤は使用不可)


で、淡路島の帰りには、もう殆ど乾いてました。
濡れてもすぐ乾くなら問題無いと思います。


結論、
これで1万円とか、やっぱかなり良いのでは、
と思います。

自転車ウェア屋の作るモノには機能性で負けても、

何日もかけてツーリングするのでも無ければ、
こんなオシャレな自転車用デニム、

まぁ、他にはないと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM