自転車と道交法その3

今回は、

マンガの紹介です。


てマンガ知ってます?

鬼頭莫宏先生(個人的にはSFの人だと思ってました)
の描く自転車マンガです。

自転車嫌いなアラサーのリーマンが、
ひょんな事故をキッカケに、ロードの世界に入って行く、

って感じのストーリーですが、

展開としては飄々としてほわっと進む感じで、
レースのシーンも汗臭くなくて新鮮。

なによりガチのロード乗りと、
一般の街乗り自転車人との温度差や軋轢の現実を巧く描き出してるなぁ、
と感心してしまいます。

自分は連載を追ってますが、
ぼちぼち単行本も買おうかと。

やたらセリフ多いしチャリオタク臭スゴいんですが、
何故か楽しめる。

自転車乗りを揶揄したシーンなど、
怒りよりも

『うふふ、そうそう(笑)』

と笑いが漏れます。


今回の連載の話の中で、
逆走や歩道走行について触れてるんですが、

ベテランロード乗りがブームで自転車に乗る事を
なじる一方で、

それはずいぶん身勝手だとバッサリ切る主人公。

この辺のやり取りも秀逸。

正しさは人の数だけあるなー、って思うし、
ただ、人に言われてルールを守るんじゃなく、

清濁飲み込んで、
自分なりの回答を探してから、

道交法ってヤツを見つめなおしてみる、
そんな機会をくれるマンガだと思います。

お勧め。

コメント
のりりん面白いですよね!
僕も部室にあるのでよく読みますし、
あの漫画よんでチャリを買った人もいたりしますよ!笑
  • エイジ
  • 2011/10/25 8:57 AM
自転車マンガなのに、汗臭くないのが新しいですよね。
物欲も掻き立てられるし(笑)。
しかし、部室にある、っていいですね・・。
  • もっつ
  • 2011/10/25 11:58 PM
ブームになるとバカが入ってくる、だから規制が必要。なるほどと思いました。自分はバカの方かもしれない
  • ジオラマ
  • 2011/10/29 7:32 AM
〉ジオラマさん
コメントありがとうございます。
『バカが…』のくだりで挿絵がピストだったりするのが辛いですがw。
でも主人公がそれを独善的だとバッサリ切るんですが、
まぁ、考え方は人の数だけあるワケですね。
ルールは一つなのにw。
結局、殆どのチャリ乗りが何か一つは必ず破る自転車道交法。
故にモラルや考え方も人の数だけあるって言う現状。

バカって言われてドキッとするワタクシですが、気が付いてるならバカじゃないと自分で思ってますw。

問題は、無自覚である事ではないでしょうか。
  • もっつ
  • 2011/10/29 11:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM