自転車と道交法その1

なんか真面目なタイトルになってしまいましたが(笑)。


自転車は公道を走ることを許されてます。

って事は、

当然、ルールが付いてきます。

しかし、

「所詮、人力で動く自転車やろ?そんなもんルールなんか無くても事故らへんて」

と、
自転車をナメてる人が多く、ルールを端から軽視する傾向。

無論、自分もその一人なんでしょうが。


さて、

まず、
なんのタメのルールか、考えて見ましょう。

目的は「事故を起こさず、円滑な交通状況を維持する」って事だと思っています。

その為に必要なのは、
二つ。

1、交通社会に身を置く人たち同士の「決め事」

2、曲がる、止まる、走る、がキチンと出来る「車両」と「技術」

殆どのルールは、
上の二項に基づいて作られてると思います。

ざっくり言って、
この二つが守れていれば、
事故は大きく減るはず。

しかしながら、


っつー、酷い事故も起きています。

事故の統計を全国的に見ても、
その内容の54パーセントが、

安全義務違反。すなわち「決め事無視」です。

「俺、左端走るから、向かいから来るお前も左走ってな。
そしたらぶつからへんやろー?」

ってな感じの事が、「決め事」だと思いますが、

以外と周知されてません。


事故の原因の統計トップ3は、

・急な進路変更

・一時不停止

・信号無視

だそうです。

決め事はこんな感じ。

次は
車両、技術面についてのお話。

で、

そういえば、

先日こんな事が。

とあるテナントビルの自動ドアから外に出て、
手前の歩道に降りようとすると、

『あ〜、あぶな〜い!』

と右脇からママチャリのオバサンがノーブレーキで突っ込んで来て、
慌てて後ずさったものの、

オバサンの左手が俺の身体にドカンとぶつかり、

その反動でオバサンは右前の街路樹にぶつかって転倒。


あっけにとられた俺は、

ぶつけられた胸を擦りつつ、
「大丈夫ですか?」と抱き起こそうとすると、

『触るなっ!』

と、俺を一喝、

そのままふらふらと起き上がり、
またチャリに跨り去っていった。

・・・おいおい、

オバサン、
ブレーキなし、問題なしかよ・・・。


車両の整備同様に、

やはり「技術」は絶対必要。

技術が無いなら、やはり『補助輪』を付けるべき。


とにかく、
事故しない事が目的ならば、

「ルールさえ守っとれば安全やで」

と言うのは、非常に危険な思考です。

なぜ、

そのルールが存在するのか、必要なのか、

その意味を知って初めて、

ルールを守る意義が存在するのです。



次回から具体的にルールをピックアップしていきたいと思います。


自分で書いといてなんですが、
人気無いシリーズになりそう・・・(笑)。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/10/05 2:25 AM
言うてもこのブログも知名度出てるし、物まで販売してて。もっさんの顔も知られてる思うから、マジ気付けた方がいいと思うで。
また、どっかで騒ぐ奴等絶対おるし。

コメント削除してよいよ。
  • ino3
  • 2011/10/05 4:11 AM
心配してくれてありがとう。

別に問題発言してないと思うで。
まだ(笑)

  • もっつ
  • 2011/10/16 7:56 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM