スキッド講座4『小(スキップ)スキッドの理屈』

「ストレス」

と聞けばマイナスイメージをもつ方が殆どかと思いますが、

いやいや、

ストレスの無い人生は味気ないでっせー。

ストレスの類にもよりますが、
ストレスってのはちょっとした「圧力」みたいなモノ。

仕事で感じるストレスを発散した後のビールと、
だらだら生きてる中で飲むビール、どっちが美味いかなんて
語るにおよばず。

そう、ストレスの反語はいつも「開放」。

バネの様に、
一度ストレスをかけてから開放すれば、
より高く跳ねるってもんですよね。



さて、
今回は小スキッド。
通称スキップスキッドとか言う、あれです。

軽く後輪を跳ねさせ、
路面に叩きつけるワケですが、

「跳ね方がワカランのッス。」

って人の為に、
解説します。

ピストは当然ペダルが固定されてるので、
脚を止めようとしても、ペダルは下から突きあがってきますね。

その下から上がって来る「力」。

これを利用して跳ねます。

上がってくるペダルに一瞬、ストレスをかけ、
すぐに真上に開放すると、簡単に後輪が上がるって寸法。

やり方を説明します。

1サドルに座り、好きなスピードで巡航。
トバす必要はないので、最初はユックリやってペダルの
力感を感じましょう。

2ペダルを止める
他のスキッドと同じく、後ろ脚でペダルを抑えますが、
一瞬しか止めません。

3抜重する
一瞬止めたペダルの力感を利用して、
ほぼ真上に腰から飛ぶ感じで抜重します

要は飛び上がる感じになります。
とはいえ、サドルから数センチ腰を上げる程度ですが。


4脚の使い方
前足の引き上げは、中スキッド程必要ありません。
むしろ、後ろ足で引き上げる感じになります。
「え?抑えるんじゃないの?」
て人の為に解説しますと、

抑えてストレスをかけ、
一瞬で開放、
すぐさまトゥクリップを使って真上に引き上げる感じ。
これは、

いわゆる
「作用反作用」って力を利用してるんですが、
学生時代の物理の授業で習ったあれです。

まだ修業してない学生さんの為に説明すると、
物体に力を加えると同じだけの反発力が生まれる、って原理。

スケボーに乗って壁を押せば、押した力だけ自分の体が後ろに下がる。
それは押した力100%からスケボーと路面の抵抗値を差し引いた分だけ、
後ろに下がってると。

これが作用反作用。


後輪が跳ね上がる原理は
回転力で上がって来るペダルに対し、真下に抵抗を加えて止める、
そして、すぐにその抵抗をゼロにする事でペダルに加えた抵抗の間逆、
すなわち真上に反作用した力が働いて、
少しペダルを引き上げるだけで、容易に後輪が上がる、
って事です。

たぶん。

ちょっと解りにくい図ですが・・・。

とにかく、
一瞬押さえ力をタメ、解放するイメージ。

「押さえて、引き上げる」

と、ブツブツ言いながら反復練習すると、なんとなく掴めると思います。



やってみたけど、
よくわからないよう、て人は、
遠慮なくコメントにて質問ください。
また、
オーシャンサイクル周辺にウロウロしてる所を捕まえてもらえれば、
実地で教えますので(笑)。

コメント
お陰様で出来るようになりました!まだぎこちないですが。。引き続き期待してます!
  • pin
  • 2011/09/06 9:07 PM
素晴らしい!努力の成果ですね!

次は力を抜いてやる練習をすればもっと上手くなりますよ。
やり方は、上半身から力を抜いて、
それで余裕になったら、下半身も基本は脱力で。

そんな感じで頑張ってくださいねー。
またコメントも待ってます!
  • もっつ
  • 2011/09/06 11:24 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM