スキッド講座3「ロング・スキッド編」

何度挑戦しても中スキッドが出来ない、
重い、
イマイチ掴めない、

って人の為、
もっともスキッドらしい技、

『ロングスキッド』

のやり方を紹介します。

目的は抜重感覚を身体で覚える事。

大スキッドと基本は同じですが、
とりあえず後輪を止める大スキッドと違い、

『後輪をロックしたままどこまで進めるか』

という、
よくわからない目的のトリックなので、
相当なスピードからのスキッドになります。

ピストムーブメント初期は、これの大会とか各地でありまして、
かのMASHも企画したり参加したり、盛り上がってました。

やって見ると、
スリリングで摩擦音も心地よく、
なぜか楽しい技です。

ただ、タイヤの磨耗は激しいので、
練習前にタイヤの状態を確認して挑みましょう。

『ロングスキッドやり方』

1 思いっきり加速する
なんせロックした後輪を引きずりながら進むのに、
推進力はこの加速分の感性のみ。
シッカり加速して下さい。

2 ペダルを止めながら、ステムに飛びつく
加速中にペダルを止める位置を確認したら、
止めると同時にステムに飛び付きます。
大スキッドの姿勢になるのですが、
この時、頭を上げ、背筋はシッカリソリ気味に伸ばすと約束して下さい。

さもないと、頭から前転事故します。
ねこ背になったり、頭を下げない様に注意して下さい。

3 ハンドルをシッカリ固定する。
ステムに腰をあて、グラつかない様にハンドルを固定してください。
うっかりハンドルが切れて膝に前輪が引っかかると、
やはりコレも前転。太ももでトップチューブを挟み込んで、
膝も揺れない様にします。


以上がロングスキッド。

後は真っ直ぐズシャーッっと言う気持ち良い音と共に滑るのみ。
ココで腰を振ると、
『スネーク』になります。

覚えてしまえば簡単ですが、
1番必要なのは、

勇気です。

ビビって加速からの抜重が出来ないと成立しないので、
何度かユックリやってみて、
止めるポイントを掴んだら思い切ってやってみましょう!

この抜重感覚が、
中スキッドを軽くし、
小スキッドのスキップを理解する近道な気がします。

何より単純に楽しいので、
とりあえず何度もヤってみましょう!

次回はリクエストも多い
小スキッド。

かなり理屈っぽくなるので、
覚悟して下さい(笑)。


(あと、スキッド中はフロントブレーキは絶対握らないように!100%前転します!)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM