OCFバンク走行会 エリミネーション篇

エリミネーションとは。
複数名でスタート、
一周する毎に最下位の者は脱落。

最後の一人になるまで周回を続けるという、
至って単純なサバイバルレース。


故に、
駆け引きが功を奏す、

そんなレースなので、

皆、スタート直後は顔色を伺いながら走る。

無論そんな駆け引きが出来るワケもない俺は、

行くとも行かない集団を 尻目に、
一気に集団を飛び出した。




時を戻しレース前。

400mの疲労も多少抜けた頃、
エリミネーションの説明とチーム分けが始まる。
10名1チームでA班とB班に別れ、

俺はB班に。

先行のA班のレースを参考に出来るのは有り難いし、
400Mを29秒台で走った彼がA班だった事も、
多少の期待を抱かせた。

一周につき一人脱落なら、10人で走ると9周。

実に3.6Km走。勝負が着くまで時間がかかるな、と思っていたら、
考えてみれば途中脱落も当然あり、

A班のレースは思うより早く終了した。


さて、出番が回ってきた。

まず、隊列を整えるためのローリングスタート。
P1140764.jpg
集団で周回して、スタート位置のハンデを無くすスタート形式。

しかし、スタートラインを超えても、
中々皆、前に行こうとしない。

先を考えれば、誰かの後ろで足を休めるべきだし、

しかし、最後尾のままラインを超えれば、そこで失格となる。

誰もが互いの出方を伺っているその時、

ペダルが足を回した気がした。

そのまま先頭に踊り出る。


・・・ここまで出たら、行けるとこまでチギるしかない・・・


そこから加速を始め、集団を引き離しにかかる。
bank1.jpg
(写真はユウヤ君提供
 
とりあえず勝負事の基本、抜いたら振り返らない。

一応足を残そうと、そこそこのペースで飛ばすが、
3周目あたりで息苦しくなり、
4週目のゴールライン手前で上体を上げた、

その時、

背後まで来ていた3台が死にもの狂いで抜きにかかってきた!
P1140771.jpg

4週目のラインを切り、なんとか喰らいつこうとするが、
もう足が言う事を聞かない。

足が完売ってやつだ。

ほどなくチギられ、
赤線に降りてリタイア。

深呼吸かため息かわからない大きな息をひとつついて、
P1140773.jpg
レースは終わった。

(反省編につづく)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM