窒素タイヤ

『そればっかり吸ってると[窒息死]するから、窒素って名前なんやで(笑)』

と、

オーシャンサイクルで期間限定提供中の窒素を、
ヨウ君がそんな豆知識を交えつつ、
サブローザの前後輪を窒素に入れ替えてくれました。


今や航空機、レース業界では一般化しつつある窒素タイヤ。

しかし自転車で、
体感的にどのくらい分かるモンでしょうか。

ちょっとネットで調べれば利点は多い様ですが、
賛否両論でもあります。

まぁそれは、
量販店で窒素入れると自動車一台(タイヤ4本)分、
2000円もかかるって事が関係しているんでしょうが(笑)。


両方タダなら、
わざわざ空気を選択する理由はナイでしょう。

大気中の空気には、
窒素の他に酸素も当然入っていて、

酸素はゴムを通過しやすく、金属をサビさせる性質があり、
自転車等のゴム製タイヤの中に吹き込むなら、

気圧が下がり難く、パーツの腐食する可能性を下げる窒素を
100%充填するのは正解。


他に熱膨張しにくいとか、静音性向上、乗り心地が良くなる等、
イイコト尽くしと言う窒素。

しかし正直、
自分は懐疑的です(笑)。

だって、
大気中の80%は窒素なワケで、
残り20%を満たした途端に変わるとは、

自転車のタイヤの体積を考えても
体感的に変わるとはとても思えないのです。


と、まあ、

頭で考えてても仕方ないので、
とにかく乗ってみると、


あっ、
なんか変わった様な…


次回、詳しく書きます(笑)。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM