自転車ファッションを考える6

『ハンドルが遠いなら、ステムを上げろ』

とは、
長澤氏に言われたお言葉で、

慣れるまでかなり高い状態にしてました。


しかし、
ステムは当然、低めの方が空力的に有利、
見た目にもカッコイイ(バランス次第ですが)です。

で、

今のポジションに慣れてきたので、
少しステムを下げて見ました。


上げ下げ自在なのは、
スレッド式の良いトコですね。


ちなみに、
慣れてくるとハンドルが近くなる、

ってのは、
おかしな話なんですが、

正確には、乗り方が変わるって事なんです。

サドルに対して寝ていた坐骨が垂直に立ち、
背骨、肩甲骨の下辺りをグイっと上方に突き出す様(猫背的な)にすると、

肩が入って腕が前に伸び、肘に余裕が出来てきます。

が故、

サドル位置や高さを変えたりしながらポジションを探る
その過程でのステム高の変更って事なんですが。

うまく説明出来ませんが(笑)、

まず下ハン握って走ってみて、
その状態で姿勢を変えずにハンドルから手を離せれば、
まぁなかなか良い感じなんじゃないでしょうか?

その時、前傾になった上半身を腹筋と背筋で支える感じになれば、
坐骨が立ってる筈です。

で、坐骨が立つと尻の痛みも少なくなり、ペダリングもしやすく、
しかも視線も遠くまで見える様になるので、
スピードがでても怖くなくなるかと。

最初はサドルもハンドルも、
怖くない位置で良いと思いますが、

乗りなれてきたら、少しずつカッコいいバランスを目指してみるのも、
楽しいし、

何より快適です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM