ママチャリ魔改造その1



『ママチャリはいいね、リリンの生み出した文化の極みだよ』

と、

カヲル君が言ったかどうか分かりませんが、

あれほどの能力をたった一万円前後で誰しもが獲得出来るワケですから、
先のセリフもまんざらウソではありません。

さて。

少しヤング向けにデザインされたママチャリで、
片道15k程の通勤をこなす、

後輩「ウエキュン(仮名)」。

英字新聞片手に手早く仕事をこなす俺の右腕。

ヤングなデザインに気ぃ良く通勤する彼は、
ある日ペダリングに不快を感じる。

まぁ、
バイクのエンジンも
原付からリッターまでオーバーホールしてしまうアナーキーなヤツなので

当然の如くママチャリをバラし始め、
BB の不調を確認。

近所のウエパーで2千円程の「タンゲ製カートリッジ式BB」を購入。


それが魔界に魂を売った瞬間だった。


本体代金の約5分の1の価格。

当然その効果は絶大で、
彼に新しい走りの世界を垣間見せたらしい。

『…これならマウンテンバイクもカモれる…。』

そんな夢を彼に見せるには、十分過ぎる性能だった。


速さにとり付かれた彼は、

関西の誇るディスカウント自転車パーツショップまで徒歩3分の好立地を活用して、
本気で街乗りマウンテンくらいなら軽く追い越せる仕様にする計画を企てる。


最初に目をつけたのは、ポジション

回転系が脆弱な事は承知の助ですが、やはり金がかかる部分。
例のショップへ行けば、ポジションを出すパーツは格安でゴロゴロしてる。

そこで、

ロードステムと金色のライザーハンドル、
シートポストにサンマルコのサドルを激安で購入。


ぐっと前に突き出すステム、
戦闘的なフォルムのサドルを高い位置まで伸ばし、
泥除けを外す。

さらに、ギア比を上げる為にピストクランクを購入。

コレも特価品だが、ハンドルと同色の金。
紺色のフレームに映えるカラーリングだ。

そして、後輪の内装3段を使えば、
トップギア比は実に3.8と言う。

下り坂なら俺のピストじゃ追いつけないだろう。


ある朝、
ロッカーで着替える俺の背後で彼が呟く。

「今朝、マウンテンぶち抜きましたよ・・・」

おっ、おぉ、そーか・・。
じゃぁ次は車輪やな(笑)。

と応えると、

「エンド幅、計ってみたら120なんすけど」


・・・やばい、コイツめ、本気でピストのハブ入れる気だ・・・。


「てるてる」で買ったママチャリは、

眠れる野生を開花するかの如く、

利便性と引き換えに

「スピードの向こう側」を、

手に入れようとしていた。




・・・ってか、
イカレた後輩ばっかでホンマちょっと恥ずかしい(笑)。
面白いですが。

まぁ、続きます(笑)。
そのウチ写真も掲載予定。


ママチャリ魔改造その2

スピードの向こう側には遠く及ばないモノの、

十分、サブローザと共に20km巡行可能な代物になった、
ウエキュン(仮名)のママチャリ。

もう、ドライブトレインは完全にシングルスピードのソレなので、
軽く乗ってみると、普通のスポーツサイクル的乗り味。
・・・やっぱ、流れ的に、またちゃんとインプレとか書いた方が良いのでしょうか(笑)。
P1150165.jpg
BBとクランクの規格があってない様で、
隙間がかなり出来てしまっています。
最終的にはBBだけまた交換するとか。

しかし、紺とゴールドの組み合わせは中々素敵…。

サドルはサンマルコの特価品とか言ってたけど、セラ・イタリアの特価品。
どっちでもいいけど(笑)。

しかし、流石にウレタンの感じが絶妙で、非常に座り良い。
P1150167.jpg
てか、ココが一番目立つ部分かも。

で、ハンドルは
P1150166.jpg
カゴは付いてもイカニモスポーティー。
ステムも黒に買い直すそうな(笑)。もうここまでヤッたら、
トコトン拘りたくもなるんでしょうか。

純正のベルがキュート。

で、ついに、

前後輪、グラコンの完組みに交換!
もう、これだけでこのママチャリ2台変えるし(笑)。
P1150169.jpg
3段変速はオミットしても、
流石にこのハブの乗り心地は圧倒的だったらしい。
やっぱ変化が妙実に伝わるのは、ママチャリ魔改造の醍醐味でしょうね。

俺はやりませんが(笑)。
将来的には、なんと反対に固定コグも付けるとか・・・。

で、
ブレーキはアーチが合わないらしく、
純正の鍵をとっぱらって、そこに自作ステーでもって装着。
P1150168.jpg
なかなか様になっとります。
固定、フリー、と簡単に交換出来るように、
クイック付きのロード用キャリパーも購入予定。

で、全体の写真は本人の意向で、
完成してからまた紹介します。って事で。

まぁ、そんなに楽しみにしてる人も居ないでしょうけど(笑)。



ママチャリ魔改造3 途中経過

途中経過と言っても、
もう殆ど完成してるに等しいこのシティサイクル、ってか
ママチャリ。

BB交換に端を発したチューンナップは、

泥除けやチェーンガード、
鈍重なスタンドを廃し、軽量化。


9800円の車体なので、
フレーム売りしたらおそらく数千円の車体に、
グラコンの700c完組みホイール、ピスト用のノーブランドクランク、
ロード用のステム、サドル等、
オーバースペックと言うより、
おお馬鹿スペック(笑)。

トゥクリップまで付いて、高速走行も安定してペダリング出来ます。

バランス良く装備されてた筈のカゴも、今やアンバランスに見えます。

ちなみに、俺の嫌いなスタンドも装備してますが、
ママチャリの利便性を犠牲にせず、
かつ、十分な安定性のあるスタイリッシュなスタンドをセレクト。
...まぁ、

やっぱスタンドはお勧め出来ませんが。

ちなみに、次はまたBBの交換と、チェーン交換を考えてるそう。


一度手を付け出したら留まる事を知らないママチャリ改造は、

まさに、魔改造。

また、動きがあればレポートします(笑)



ママチャリ魔改造4


『ギア比を…上げようと思うんです。』
 

もう好きにしたらええがな(笑)。 
と、この後輩の発言にも慣れてきた頃。
 
『既にサンツァー製14tのフリーギアも手に入れてます』
ほほう、珍しいモン買ったな、オークション?
 
とか言いながら、
とりあえず今のフリーコグを外す工具を借りにオーシャンへ。
 
このギア比になったアカツキには、
通勤中ローディーと勝負になっても、
下り坂なら逃げが決まるんじゃないかって寸法だ。
 
決まるかそんなもん(笑)。
 
と思いつつ、 

工具でコグを廻すも、
ハンマーを使ってしても、
ウントモスントモ。

ココはやはりイクジの怪力に期待。
 
しかし、ツメが欠けただけで、
完全に絞まり込んでる様。
後は破壊するか諦めるしかない。
 

仕方なく両切りになってるハブの反対に
新しい14tのフリーコグを付けようとすると…
 

『…径が…合わないっすね…』
 

…そっか。…コーヒーでも飲む?
 
 
かくして彼は、

何故か固定化を心に誓うのだった。 
 
 
 つづく



ママチャリ魔改造5

通勤中に出会うローディーに勝つのは無理でも、
せめて着いて行きたいウエキュン。

結局コグは固定化し、
次に買ったパーツは、

『オークションで思ったより安く買えましたよ・・。
フレーム。』


?!

は?

写真を見れば、なんと
MAKINOのNJSフレーム。

いやこれ、
ママチャリ改造して行くうちにピストにステップアップって、
そんな話聞いた事ないわ(笑)。

まぁ、確かにフレーム以外ピストのパーツやし、
載せ替えたら普通にピストやもんな…。

出来上がった姿が、結局コレ。
R1005808.jpg

ちなみにママチャリの最終形態は下の写真。
最初、送られて来た完成写メ見て、
あまりに代わり映えしないので(笑)
ソコにビビりましたが、

ハンドルやらクランクセットやら、
なんやかんやと色々買い揃えてずいぶんピストらしくなりました。
MAKINOは今も進化中ですが・・。

「あーあ、結局ママチャリじゃなくなっちゃったか。
グンがWGP行って面白くなくなった様なもんやわ。」

と思ってると、

彼の頭ん中は、
シティサイクルに対する並々ならぬ愛情が溢れているようで・・。

リサイクル屋から5千円で引き上げてきました。
カンチ台座と6段変速の付いた、
意味不明なシティサイクルを・・・。

『これオーバーホールしてね、最大ギア比3.8にするんですよ・・・』


・・・魔改造は終わらない。



続く


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM