メッセンジャーバッグ考察

今朝、
カッコイイピンクのピスト(ペロトン?)
に乗ったファッショナブルな女子が、

車道の脇を、デッカいショルダーバッグを肩から真直ぐ下げて
走り抜けて行きました。

アブねー、

とか思って見てましたが、

まぁ、本人がイケルなら構いません。

しかし、

カバンは体に密着してる方が、断然走り易くて安全です。

で、

大体の人がバックパックかメッセンジャーバックを使ってると思うのですが、
前者は安定して容量も稼げる、
後者は容量でヒケを取るものの、素早く物を取り出せる等、

どっちも一長一短で、自分も都合で使い分けています。

で、

バックパックはもう、語るに及ばずですが、

メッセンジャーバッグは自転車専用カバンの一つで、
使い慣れない人に、あれがどんなカバンかを説明する時よくこう言います。

「あれはハットリ君の風呂敷と同じ。」

・・・飛ぶ方じゃ無く(笑)、物を包んで、タスキがけに体に縛り付ける、

あの感じと同じかと。

バックパックでもパッキングする場合は重いものを上部にすると
楽だといいます。

風呂敷もメッセンジャーバッグも背中に密着させる様にすると、
重量は腰上に配置され、ずいぶん軽く感じるはずです。

(ピンとこない人は、米袋を脇に抱えて持ち歩くのと、肩に担いで持ち歩く事を
想像し比較してもらえればよいかと。
たぶん、重さが上に行くほうが楽なはずです。)

そう考えると、昔の日本人というか、風呂敷、やりますね。
もうタイトルを「風呂敷、考察」にしたいぐらいですが、

さすがに風呂敷でピストは現実感無いので(笑)、

とりあえず、

肩掛けさながらにメッセンジャーバッグを使ってる人は、
ギュッと縛って乗って見て下さい。
密着したバッグは重さも感じにくく、ずれにくいので、
相当走り易くなるハズですし、

何より、見た目がカッコイイです。

でっかいバッグをコンパクトに巻きつけ走るメッセンジャーの
背中は、やっぱカッコイイですね。


ってなワケで、その使い方を踏まえて、
自分の手持ちのカバンとか、今後紹介出来たら、と思います。


メッセンジャーバッグ考察2

photo1-(13).jpg
VISVIM BALLISTIC E-CAT BAG 18L

去年の夏に購入した、VISVIMのメッセンジャーバッグ。

インビスタ製のCORDURAナイロンをメインに、高級感溢れる手触りのベルト、
riri製の止水ジップ、オリジナルの金属製バックル(シートベルト風)に、
photo1-(14).jpg
ボトムパネルには薄く手触りの良い高級レザーを使うなど、

高級尽くしのブルジョアメッセンジャーバッグ。

値段もそれなりで、海外でこれ使ってると「あいつ金持ちw」と揶揄されるとか
しないとか。

使い心地はなかなか良く、
脇からサっと回して物を取り出せ、ラップトップ15インチのPCを入れる為の
ポケットも付いてます。
仕切りも必要以上に無い感じが逆に使い易いです。

実際、中をパンパンにして自転車に乗ってみます。

ぶ厚い肩パットの柔らかなナイロンベルトで、ギュッと体に密着させるのは容易、
回り込みを防ぐ脇下のストラップは、胃の上を水平に通る感じで安定しそう。

で、ドロップの下ハン握って鬼漕ぎすると・・・

めっちゃズレてきます。
全然走りに集中出来ません。

背に当たる部分をボンディング的な加工で滑り難くしてあれば良かったのですが、
つるつるの高級ナイロンゆえに・・・。

photo1-(15).jpg
まぁしかし、

普通に走る分には十分安全で使い易く、
バランスの良いルックスやパーツ1つまで統一されたカラーリング等、
街中をポタリングするには相当お勧めのバッグです。

メッセンジャーバッグ考察3

2.jpg
SAGLIFE MESSENGER BAG -L

MASH来日上映会の頃でしょうか、
ピスト乗りの間で瞬く間にブレイクしたSAGLIFE。

スノーボードシーンをバッグボーンに、そこで開発された
機能をストリートシーンに落とし込んだブランド。

使用用途を限定する発想は、窮屈でも慣れるとこれ以上ない使い勝手の良さ。

このメッセンジャーバッグでも、
担ぎ方等を「正しい使い方」的にネットでアナウンス。
しかし、本格的なバックルを用いてスピーディーに脱着出来るストラップは
本当に便利。
1.jpg
先に述べたハットリ君の如く、ぎゅっと体に巻きつき、
しかも特性のヌバック調の合皮のおかげでまったく滑らず、
鬼漕ぎしてもずれません。

中にはインナーバッグが入っていて、収納も乱れず、
容量も十分。

そして何よりリーズナブル。

本当にいいバッグなんですが、
キャッチーなロゴにちょっと飽き気味で、最近はあまり出番がありません。

買った当初は、このロゴがとても気に入ってたんですが。

こういった類は、
またきっと気持ちが一周して使いたくなると思うので、
今は大事に置いてあります。

メッセンジャーバッグ考察4

HEADPORTER  PC-MESSENGERBAG M

素材感と使い勝手の良さで人気のHEADPORTERのバッグですが、
これはその中でも、相当作りこまれてると思います。

ストラップはバッグジャックのモノを使っていて、
ギュッと縛って、一瞬でリリース。
ショルダーパッドも快適で、しかもベルクロ付のバンドで、
携帯ケース等のオプション装着も容易。
形状的に、巻き込むと言うよりカバンをベルトで密着させる感じの
装着感ですが、
背面のメッシュパッドと前述のストラップのおかげで、
鬼こぎしても意外とずれません。

何より秀逸なのが、
底面にレインカバーが内蔵されている事。
すっぽり本体を覆う大きさですが、見事に収納されてますし、
十二分な撥水性。

梅雨時期には本当に大活躍です。

オーセンティックな雰囲気のスタイルとドット柄で、
ファッション性も申し分ないと思います。
が、

さっきサイト見たら、もう型落ちしてるようで・・・。

残念です。



メッセンジャーバッグ考察5

旅行中の手荷物用に購入したのですが、

8Lのサイズは、小さく取り回しも良いワリに、
思ったより物が入ります。

Visvim 8L Laminaria Lumbar 


財布や携帯等の常備品に加え、
マイクロ一眼カメラと交換レンズくらいなら普通に入ります。

加えて、PC用のスペースにiPadとか入れて移動しますが、
全部入れたら、流石にちょっと重いですね(笑)。

身体との接触面は低反発の緩衝材を使っていて、フィット感は抜群。
バックルも先に紹介した同社のメッセンジャーバッグと同じ構造で使い易いです。


ただコレ、
厳密にはウェストバッグだと思うのですが、

購入した店の店員は、

『いや、肩に担ぐ方が(イマドキ)自然でしょう』

みたいな事を言うので、

えっ、 ウェストバッグ腰にしてたらダサいのかしら?

と、ちょっと困惑したものです。

しかしこのバッグ、
腰に巻いたらちょうど腰骨のところにクッションが来て、
非常に調子良いのです。

そんなワケでたまに腰に巻く事もありますが、
自転車での使用がメインなので、やっぱタスキ掛けが多いですね。

タスキで掛けても、裏地のコーデュロイ風の素材で、
激しく漕いでも意外とズレません。

特筆すべきは、この素材。
コンブとか言う加工ナイロンなのですが、
厚手のコットンの様に見えます。
さわり心地もそんな感じ。

機能的には特に優れてるワケではないのですが、
この辺りがいかにもファッションブランドらしくて、
バッグを持つ楽しさを感じさせてくれます。



メッセンジャーバッグ考察6

今更ですが、

自分はカメラが好きです。


で、

カメラと自転車ってのは、
趣味の相性としては非常に良くて、

実際、
「自転車始めたらカメラ欲しくなったんやけど、どんなん買ったらええの?」
って質問もたまにされますが、

今日日のデジカメ、ホントに良く出来てるので、
財布と相談して、見た目で気に入ったの買えば良いのでは、と返してます。

しかし少しお金に余裕があるなら、レンズ交換式のカメラを推奨したいトコ。
二、三本交換レンズがあれば、かなり遊べるし飽きにくいと思うので。

さてさてそこで、

自転車で撮影ライドとかしたいなぁ、と思うと、
交換レンズや精密機器であるカメラをどう携帯するか、って話なんですが、
まず、お勧めしたいのが「インナーバッグ」的な、
カメラポーチ。
R1005440.jpg
上の巾着はカメラ用。
下のマチのないケースは、コードやメモリーカード等の小物を入れてます。

中に入れるのはこんな感じ。
R1005448.jpg
単焦点20mmを付けた本体、標準ズームと、
お気に入りのクラシックレンズ、インダスター50mm。

この三本あれば、ブログに使う写真くらいなら問題なく撮れます。

・・いや、標準レンズだけでも十分ですが(笑)。

で、

これをカバンに入れるんですが、

しゃかしゃか走ってて、「あっ!』と思った瞬間にサッとカメラを取り出したいモノ。

そこで、
バッグはバックパックよりウェストバッグより、

やっぱ「メッセンジャー」。

脇の下から滑り回してパカッとフタを開けて取り出すのです。

で、取り出しやすい様に、
ストラップは外にだらっと出しておきます。
R1005447.jpg
これをカバンに入れる、と。
R1005445.jpg
こんな感じです。

あと、ミニ三脚くらいなら入るので、
入れておくと何かと遊べます。

700cクラスのタイヤサイズの自転車を手に入れたら、
ぐんと機動力があがります。

ガチで漕ぐのも楽しいですが、
こういう楽しみ方も俄然あがります。





メッセンジャーバッグ考察7

この画像を見て、

「は?メッセンジャーバッグ?」

と思う人が殆どでしょう。(ちなみにコレはリーバイスコミューターのオマケ。)

タスキがけするって点ではメッセンジャーぽいですが(笑)、
これは「サコッシュ」と呼ばれる、
ロードレースの補給食入れ。

パッと見、エコバッグにしか見えませんが・・・。

(画像はシクロワイアードさんからお借りしました)

補給所で受け取るこのカバンの中には、

勝利に向けて気分が楽しくなるようなユニークなお菓子が
沢山詰まってるワケではなく、

レースに必要なガソリンとも言える食料が入っています。

空になったら、丸めてポケットに入る携帯性も便利。


で、

コレを普段使いしてみました。
ちょっと出かけるのに必要なモノを入れるには十分。

とにかく、前にぶら下がっても邪魔にならない程よい紐の長さと
(長いなら結び目を作っても良し)、
背に回した時の軽い密着感が、非常に良いです。

この夏、リュックやメッセンジャーバッグを担いで、
背中をべったべたに汗で濡らして走った人も少なくないでしょう。

とくに大荷物も無く、
そこらへんに出かけるだけならコレで十分。
リュックなら、
そこらへんでも背中べっとりですからね・・。

先日、
サコッシュに昼食用のカップ麺とオニギリ、
ペットボトルをコレに入れて通勤したところ、

帰りはサコッシュを丸めてポケットに詰めて
手ぶらで帰宅。

これは快適。

使い方次第では、夏の自転車には強力な味方です。

ネットで検索すると中々可愛いデザインの物もあり、
値段も手頃。

何より発祥が「ロードレース」って、
自転車乗りなら一つは持ってても良いと思うバッグです。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
QUANTIZE SALE.jpg

ピストのブログが沢山!

楽天

twitter

flickr

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sampedoro55. Make your own badge here.

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM